くるみ栽培のこだわり

こだわってます!くるみ作り!

中国産やアメリカ産に負けない味と品質を!
世界で戦える日本産くるみを目指して

 

現在、くるみの市場は中国産とアメリカ産によって席巻されています。
生産量で見ると中国産が600,000トン、アメリア産が460,000トンという状況で
日本国内で販売されているくるみも、96%がアメリカ産(カリフォルニア)という状況です。

東御市は日本一のくるみ産地ですが、生産量は78トン(信濃くるみ)という
調査結果がでています。(平成29年 くるみ栽培状況調査 ※日本くるみ会議による)

このシェア率の高さは販売価格が格安なこと。それを可能にしているのが
広い栽培面積、機械化、専用ヘリコプターによる農薬散布による効率化などが、
コストを抑える要因になっています。

 

 

このように国土の違いや産業としての確立の違いで生産量、価格では到底敵いません。
しかし、私たちのくるみは味・香ばしさ、食べて安心・安全という面では負けていません。

日本国内で大規模にくるみを生産し、直接販売しているくるみ生産事業者は私達だけです。
くるみ生産者として世界の人達に驚きと感動を与えられる日本産くるみを提供するため
日々、研究と工夫を重ねています。

 

 

 

くるみ生産のこだわり

 

其の壱:土づくりでくるみは変わる!!! くるみ作りは化学だ!

 

栄養がしっかり行き届いたくるみの実は生命力が強く、味が濃厚で香ばしさが増します。
土壌診断を行い、葉っぱの状態、落果などくるみの木を常に観察して状態を見極めます。
そのうえで必要な栄養素を有機肥料を使って整えています。

【くるみに必要な栄養素】

育成で必要となる栄養素は17種類です。
内3種類 (炭素 (C)、酸素 (O)、水素 (H)) は空気や水から取り込み、残り14種類は土壌から取り込みます。

 

3大栄養素

・チッソ (N)

植物の体を作るタンパク質や光合成をする葉緑素の元となります。
特に葉を大きくさせやすい。
過剰すぎると軟弱になるため病虫害に侵されやすくなります。

・リン酸 (P)

植物のエネルギーを運ぶATPという成分を作ります。
リンが不足すると実や花の付きが悪くなります。

・カリウム (K)

茎や根を丈夫にし、暑さ・寒さに対する抵抗力や
病気への抵抗力を強めます。

 

その他 (11種)

カルシウム (Ca)
マグネシウム (Mg)
硫黄 (S)
鉄 (Fe)
マンガン (Mn)
銅 (Cu)
ホウ素 (B)
亜鉛 (Zn)
モリブデン (Mo)
塩素 (Cl)
ニッケル (Ni)

 

空気や水から (3種)

炭素 (C)
酸素 (O)
水素 (H)

 


 

其の弐:天日干しで旨味と栄養価を凝縮!!!

 

 

くるみは収穫後に乾燥させる必要があります。
乾燥には『火力熱乾燥』と『天日干し』がありますが
私たちは『天日干し』を採用しています。
それには理由が・・・

 

『火力熱』は効率が良く、作業も楽ですが、くるみの油分(旨味・栄養分)を飛ばしてしまいます。
これではくるみ本来の風味や栄養価がなくなって形だけのくるみになってしまいます。

『天日干し』は時間も労力も掛かりますが、じっくりと旨味と栄養価を殻の中で凝縮させます。また紫外線は人体にとってはあまりいいものではありませんが、くるみの乾燥においては紫外線に当てることで「縮合反応」という反応が起きます。この反応によって栄養素が増えるという研究結果もあります。魚の干物や干しシイタケがおいしい理由と原理は同じです。

アメリカや中国などのくるみは効率を重視しほとんどが「火力乾燥」をしていますが、私たちのくるみは天日干しで3週間~4週間かけてじっくりと乾燥させます。
これが海外産との『味』の違いを決定付けている1つです。

 


 

其の参:測定器と目で見る選別で品質チェック!

 

乾燥が済んだくるみはサイズごとに分別し、汚れやシイナ果(中身が入っていない)を選別します。
その後、『殻付きくるみ』と『剥きくるみ』の工程へ分かれ、最終品質チェックを経て、製品として出荷します。

工程ごとに幾度も状態チェックを重ね、品質の良いくるみを選別しています。

 

選別機で大きさを揃えます

汚れやシイナ果を選別。
サイズが適切か最終チェックも実施

シイナ果か判断が難しいものは
重量を測定して確かめます。

【殻付きくるみ工程】

【剥きくるみ工程】

最終品質チェックを実施後、袋詰め

専用ハンマーで1個1個割って
実の状態を確かめます。